庭の甘柿で「干し柿」作り。枝がないので爪楊枝で吊るした

庭を楽しむ

久しぶりにフクロウの家(所有する空き家)に行ったところ、庭の柿の木が100個以上も実っていた。

今年は豊作だ

実の重さで、柳のように枝がしなっている。
今にも地面に着きそうである。

剪定をしていないため、上に伸びずに横に伸びてしまった

まだ少し青いが、たまにしか来られないので早めに収穫。50個くらい持って帰ってきた。
甘柿なのだが、熟していないため、干し柿にして食べることに。

小さめで固く、青っぽい

干し柿といえば軒下に吊されているイメージだ。

【イメージ写真】干し柿作りの王道といえば、こんな感じで軒下に吊るす風景である

吊るすためには、ヘタのところに枝をつけたまま収穫するべきだったらしい。
ところが、今回は適当にもいできたので枝がない。

網に並べて干すこともできるが、風通しが悪いため、どうしてもカビが生えやすくなる。

調べてみると、世の中には「柿クリップ」という便利な商品があるらしい。
ヘタをはさんでロープにかけるだけ。 軸のとれた柿でも使える。一度買えば、毎年くりかえし使用できるようだ。

でも、柿クリップ1袋50個で1,000円くらいしてしまう。もっと安く済む方法はないだろうか。
考えた末、爪楊枝を両側から刺して、それを紐で縛ることにした。

2本の爪楊枝は、我ながら名案。

おしゃれな紐もないので、ビニール紐で適当に縛る。
それを10個くらいずつハンガーにかけて、ベランダに干すことにした。

最初はものすごく重かったが、だんだん水分が抜けて軽くなる。
1週間くらいでシワシワになり、いかにも干し柿っぽい見た目に。

今は、カーテンレールにかけて室内干し中である。

室内干し柿

食べるのが楽しみ。

タイトルとURLをコピーしました