【日記マンガ(17)】最前線で働く人に感謝

外出自粛が続く昨今、はじめて「オンライン飲み」を友人夫妻としてみました。

友人の旦那さんのお仕事は、路線バスの運転士さん。緊急事態宣言が出ていても路線バスの運行は続くため、自身も感染の不安がある中で仕事にあたっているそうです。

先日はずっと咳をしているお客さんが乗ってきて、あまりにも続く咳に、運転しながら恐怖を感じたそう。それは乗客たちも同じだったらしく、どんどん人が降りていき、終点に着く前に乗客はその人だけに。「普段なら誰も降りないようなバス停で、絶対おかしい」と思いながらも運行を続けざるを得ず、とっても怖かったということでした・・・。

最近は「エッセンシャルワーカー」という言葉をよく耳にするようになりました。 医療関係者はもちろん、公共交通機関に勤める方、生活必需品の販売業の方、物流関係者の方々など・・・ライフラインの維持に欠かせない職業に従事している方々のことだそうです。

感染の恐怖と隣り合わせの状況で、生活を支える仕事を続けている方々に感謝するばかりです。