【日記マンガ(2)】私にもできた! はじめてのマンガ(風)

今回のマンガ(風のもの)では、フキダシや効果線の追加に挑戦しました。フキダシの追加はまずテキストを書いておいて、その上にフキダシをドラッグ&ドロップするのですが、自動的にフキダシとテキストが合体する場合としない場合があって、違いがよくわかりません。合体してくれる方がラクなんだけどな。
効果線もワンタッチで追加できました。ぐぐっとマンガ風味が増しますね。

本編にも描きましたが、マンガ(風のもの)を描いてみようと思ったきっかけはネットメディア「ねとらぼ」に載っていたネット記事です。

練習ゼロでもマンガ家(風)になれる、意識の超低いデジタルマンガ本の作り方
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1803/19/news008.html

なんと練習ゼロ! すごい刺さるタイトルです。
見る人が見れば「超・意識低い系」なんでしょうが、義務教育の9年間、図画工作が5段階評価でずーっと「3」だった凡人の私には、こういう内容こそありがたいです。

ちなみに上の記事はEPSONのプリンタのPRなので、前半は「マンガ(風)の描き方」の説明ですが、後半には「マンガ(風)では出版社に断られることに気づく」⇒「EPSONのインクジェットプリンタEW-M770Tを使って、自宅で少部数の冊子をきわめてカンタンに作ろう」という、広告らしい展開が待っています。